東京ダイヨー器械店から最新の医療器機 情報を発信していきます。北九州の医院、クリニック開業、医業継承、医療機器販売の、東京ダイヨー器械店。

医療器機情報や仕入れ情報を発信

16列マルチスライスCT  Alexion™(アレクシオン)  2013/02/04

高機能でコンパクト16列マルチスライスCT Alexion™(アレクシン)は

撮影スピード、低被ばく撮影技術の標準搭載、省スペース性等

画質共に定評の高いCT装置です。

 

平成224月の診療報酬改定により16列以上のマルチスライスCT

診断料が加算され、

導入を検討する医療施設が増えている傾向があります。

しかし、CT装置を更新するとなるとシステムが大型化し撮影室スペースの拡張、

電源容量の増加、ランニングコストの増大といった課題がありました。

16列マルチスライスCT Alexionはコストパフォーマンスに優れ、

しかも省スペース設計の為、施設の状況に合わせた設置が可能です。

 

被ばく低減技術「AIDR 3D」を搭載し、患者さんに対する被ばくを

最大75%低減します。

また、高機能を簡便に操作するため、一連の操作をナビゲーションする

「ナビモード」を搭載し装置に熟練していない技師や医師でも

容易にかつ適切に撮影することが可能です。

更に、ガントリと寝台の設置面積は10.4m²と非常にコンパクトです。

 

寝台のストロークを部屋の大きさに合わせて設定できるなど、

設置上の自由度が高く、施設の状況に合わせた

最適なセットアップが可能です。

設置期間は最短3日。

検査の空白を最小限に抑え、スムーズに検査を開始できます。

 

アプリケーションソフトウェアが豊富に

ラインナップされているのも特徴の一つです。

ニーズの高いアプリケーションソフトウェアとして、

「内臓脂肪体脂肪面積計測ソフトウエア」は

成人病のリスクを高める「メタボリック症候群」の

状態を内臓脂肪の面積により解析します。

さらに「ラングボリュームメジャーメント」は、

世界的に増加傾向にあり、

今後死亡原因の上位に上がると予想されるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)

診断支援に用いられます。

また「コロンビューイングソフトウエア」は、

がんの中でも死亡率の高い大腸がんを、

少ない苦痛で早期発見を支援するソフトウェアです。

16列マルチスライスCT  Alexion™(アレクシオン)の写真4